聴神経腫瘍や下肢静脈瘤には早めのアクションが効果的

足にしびれが出る

腰部脊柱管狭窄症となる原因とは何か

腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分の脊柱管が狭くなりその内部の馬尾や神経根が圧迫されるために、足が痛くなったりなどの症状が出る病気です。 脊柱管とは、おなか側の骨と椎間板、背中側の神経に囲まれています。 生まれつき脊柱管が狭いためにこの症状になる人もいますが、ほとんどの腰部脊柱管狭窄症になる人は老化が原因で起こります。 老化のために腰の周囲の骨が変形してしまうために、腰部脊柱管狭窄症となってしまのです。 一般的には、脊椎の変性や変性すべり症になります。この変性すべり症は男性より女性ほうが多く発症します。 症状の現れ方は、歩いているうちに足が痛くなって歩けなくなってしまい、しびれたり痛くなってしまいます。 また、しばらくすると歩けるのですかやっぱり歩くのがつらくなってしまうのです。 こういう症状が出てきた時には、整形外科を受診することで腰部脊柱管狭窄症と診断される場合があるのです。

症状と治療法について

腰部脊柱管狭窄症の初期は、歩いているうちに痛みで歩けなくなるということの繰り返しになります。 前かがみになると神経の圧迫が和らぐので痛みはなくなります。 重症化すると長距離を歩けなくなってしまい、立っていることも困難となるのです。そのため、歩行困難となるので注意が必要です。 治療は、上肢と下肢の血圧の比を調べて閉塞性動脈硬化症かどうか確認します。 治療は、無理な姿勢をとらないようにすることと、日常生活に支障をきたす場合はコルセットをつけたりします。 痛みをとる薬物療法や、血流をよくする薬を処方します。痛みが強い場合には神経ブロックを行います。 薬物療法や神経ブロックをしても効果がでない場合は手術をすることもあります。 脊柱管を広くして圧迫をなくす手術や脊椎固定の手術となります。

↑ PAGE TOP