聴神経腫瘍や下肢静脈瘤には早めのアクションが効果的

がんに対抗する

今まで行われていたがん治療とは

がんは死亡率の高い病気として昔も今も変わりありません。そして、今まで行われていたがん治療とは、手術を実施してがん組織を摘出する外科療法と、抗がん剤を投与してがん細胞を殺す化学療法、そして、放射線でがん細胞を死滅させる放射線療法でした。 これらの治療法は、既に治療効果が実証されていて、がんを早期発見できれば完治する確率も高くなっているのです。しかし、これらの治療を受けた人たちは、副作用にも悩まされて来たのです。 そして、最近では副作用がほとんどない治療法が実施されるようになってきました。その治療法が、免疫細胞治療と呼ばれるものです。 免疫細胞治療は、自己の細胞を用いて行う治療法ですから、副作用がほとんど起きないのです。また、入院せずに通院で治療が行えます。

免疫細胞治療の種類とその特徴について

免疫細胞治療には、治療に用いる細胞によっていくつかの種類があります。それでは今から、免疫細胞治療の種類とその特徴について簡単に説明します。 まずは、T細胞治療です。T細胞とはリンパ球の1種で、がんに対する特異抗体を産生する細胞です。ですから、特定のがん細胞にしか効果は期待できません。次に、樹状細胞治療ですが、樹状細胞はT細胞にがん細胞の情報を伝え、特異抗体を産生させる働きがあります。また、NK細胞治療とは、NK細胞自体ががん細胞を死滅させる治療法です。 T細胞治療も樹状細胞治療も、特異抗体が特定のがん細胞を攻撃しますが、がん細胞が抗原性を失うと、がん細胞を見分けることができなくなるのが欠点です。それに対して、NK細胞は速やかにがん細胞を攻撃することができるのです。

↑ PAGE TOP