聴神経腫瘍や下肢静脈瘤には早めのアクションが効果的

機能を温存できる

定位放射線治療がメイン

聴神経腫瘍の治療方法としては定位放射線治療が主な治療方法となっています。腫瘍を処理するには外科手術が最も行なわれる手術ではありますが、小さい腫瘍の場合には切り開くことなく施術をすることが可能なのです。そうすれば、体を切り開き、縫合することで起こる手術跡を生じさせることがありません。外側に傷跡が少ないとなれば、ダウンタイムなどの傷跡が癒えるまでの期間が短くなります。また、わずかに生じる神経の損傷というリスクも少なくすることができるのです。特に顔面には複雑な神経が通っています。頭部の奥で起こりがちな腫瘍といえば脳腫瘍の他には聴神経腫瘍があります。複雑な神経を温存するためにも、聴神経腫瘍の治療には放射線手術が行なわれるのです。

早期発見が鍵

がんは小さいうちに処置してしまうことが治療の鍵となっています。聴神経腫瘍は3センチ以下であれば外科手術を行なうことなく放射線治療が主になるものなのです。聴神経にできる腫瘍が大きくなれば、転移し顔面の神経に影響を及ぼしかねません。それを早めに対処すれば、聴力や顔面神経を温存できるのです。この病気においては、顔面神経の温存が90%以上、聴力の温存が50%以上となっています。早めに気づけば気づくほど、この確率は高くなっていくので、定期的な検診を欠かさないようにした方が良いです。定期的な検診以外にも、異常が感じられるのであればすぐに診断を受けることが推奨されています。症状はとても分かりにくく、難聴が進行してくると腫瘍ができている可能性があるので、体調には十分に気をつけた方が良いでしょう。

↑ PAGE TOP